AKB48 Team 8 supported by TOYOTA

活動日記

2014.09.25

stage

NMB48劇場に初出演! 関西ならではのムードで大盛況

NMB48劇場に初出演! 関西ならではのムードで大盛況
9月20日(土)・21日(日)の2日間、大阪・難波のNMB48劇場で、AKB48チーム8が出張公演を行いました!

演目は、「PARTYが始まるよ」公演。出演したのは、千葉県代表・吉川七瀬(ヨシカワ ナナセ)、愛知県代表・藤村菜月(フジムラ ナツキ)、静岡県代表・横道侑里(ヨコミチ ユリ)、岐阜県代表・服部有菜(ハットリ ユウナ)、三重県代表・山本亜依(ヤマモト アイ)、富山県代表・橋本陽菜(ハシモト ハルナ)、石川県代表・北玲名(キタ レイナ)、福井県代表・長久玲奈(チョウ クレナ)、長野県代表・近藤萌恵里(コンドウ モエリ)、大阪府代表・永野芹佳(ナガノ セリカ)、京都府代表・太田奈緒(オオタ ナオ)、兵庫県代表・山田菜々美(ヤマダ ナナミ)、和歌山県代表・山本瑠香(ヤマモト ルカ)、滋賀県代表・濵咲友菜(ハマ サユナ)、岡山県代表・人見古都音(ヒトミ コトネ)、山口県代表・下尾みう(シタオ ミウ)の16名です。

SKE48劇場、HKT48劇場と、姉妹グループの劇場への出演を着実に果たしてきたチーム8メンバー。今回、ついにNMB48劇場への出演の機会をいただき、「まさかNMB48劇場のステージにも立てると思わなかった! 嬉しかったです」とあらためて劇場公演ができる喜びを言葉にしていました。中でも、関西エリアのメンバーはとくに思い入れが強かったようで、「昔からNMB48のファンだったので、ここに来ることは夢のひとつでした」とコメント。

一方、関西エリア以外のメンバーは、「憧れのステージで、チーム8として公演をすることができて最高の気分です! でもMCでは、AKB48劇場に出演したときと比べて、客席からのリアクションが少なかったような気がしました。関西がお笑いに厳しいというのは本当ですね......。もっと面白いことがいえるように話術を身につけなければ、と痛感しました」、「MCの内容次第で観客の皆さんのリアクションが違う。もっとトーク力を上げたいです」などと話し、面白さを追求する関西ならではの風土から、新たな学びを得ようとしていました。

また、別のメンバーは「観客の皆さんのノリがよくて、とても楽しかったです! でも、客席の最前列が他の劇場よりステージに近く、そして最後列がステージから遠いので、皆さんと目を合わせるコツがなかなかつかめなかったのは苦労しました」、「関西ならではの"ノリ"のおかげで、私たちもテンションが上がってとても楽しかったです!」と、貴重なNMB48劇場での公演を、ファンの皆さんと共に楽しんだ様子でした。
AKB48 Team 8 コンセプトカー
このページの先頭へ戻る