AKB48 Team 8 supported by TOYOTA

活動日記

2018.06.13

stage

AKB48の新時代を感じる岡部チームA「目撃者」初日公演!

新チーム体制による劇場公演の第2弾として、6月12日(火)に初日を迎えた新生チームA「目撃者」公演。チーム8からは、新生チームAのキャプテンに任命された茨城県代表・岡部麟および、秋田県代表・谷川聖、東京都代表・小栗有以、福井県代表・長久玲奈、山口県代表・下尾みうの5名が、初日出演メンバーの一員としてAKB48劇場のステージに立ちました。

2010年にAKB48劇場で初演された演目ですが、オリジナル公演とは異なる衣装や演出があり、新しいAKB48を目撃していただきたい、という思いも込められた公演になっています。ユニット曲でも、髙橋みなみさんによるソロ曲だった『愛しさのアクセル』が2人ユニットにリニューアル。新たな振り付けとともに披露されました。印象的な持ち道具を使い、ソロで歌い踊るオリジナルとの違いに、始めは場内から軽くどよめくような声があがりましたが、山口県代表・下尾みうの力強くしなやかなパフォーマンスにあらためて大きな拍手をいただきました。

冒頭の挨拶で「初日を迎えられて、ホッとしている」と語った岡部麟は、終演後にはやり切った思いが涙となって溢れ出していました。

AKB48の新時代を感じられるような岡部チームA「目撃者」公演。演目に恥じない成長を目標にしているメンバーたちに、今後ともご期待ください!


01_TeamA_180612.jpg 02_TeamA_180612.jpg

03_TeamA_180612.jpg 04_TeamA_180612.jpg

05_TeamA_180612.jpg 07_TeamA_180612.jpg

08_TeamA_180612.jpg 09_TeamA_180612.jpg

10_TeamA_180612.jpg 06_TeamA_180612.jpg
AKB48 Team 8 コンセプトカー
このページの先頭へ戻る