AKB48 Team 8 supported by TOYOTA

活動日記

2014.12.22

event

初単独! ねんりんピック300日前イベントに下尾みうがゲスト出演しました!!

12月21日(日)に行われた〈第28回全国健康福祉祭やまぐち大会 ねんりんピックおいでませ!山口2015〉の下関市交流大会300日前イベントに、AKB48チーム8 山口県代表・下尾みう(シタオ ミウ)が、ゲスト出演しました。

同イベントは2015年に山口県全域で開催される「ねんりんピックおいでませ!山口2015」の下関市開催競技を盛り上げるためのもので、同市では、弓道、ボウリング、なぎなたの3種目が競技される予定です。
下尾みうは、開催までの日数を数えるカウントダウンボードの除幕式や、『ねんりん山口元気体操』を披露したほか、会場にお越しいただいた小さな子どもたちに『恋するフォーチュンクッキー』の振り付けを教えるなど、さまざまなプログラムに参加しました。振り付け講座では、歌詞をなぞりながら振り付けのひとつひとつをゆっくり丁寧に実演してみせ、会場の皆さんと一緒に歌って踊り、楽しいひとときでイベントを盛り上げました。
また最後は、大会運営事務局の皆さんと一緒に、会場の子どもたちに向けた「餅まき」にも参加。事務局の方にAKB48チーム8のPRとして、『希望的リフレイン』Type-D(チーム8オリジナル楽曲第2弾『制服の羽根』収録)や、チーム8単独全国ツアーのポスターをお渡ししたほか、カウントダウンボードにサインを書かせていただくなど、"山口県代表"として大活躍しました。


《下尾みうのコメント》
初めての山口県でのイベント、しかも単独でのイベント参加も初めてだったので、とても緊張しました。最初の挨拶で名前と年齢を2回もいってしまうという失敗もありましたが、そこで一気に緊張がほぐれて、その後のトークでは落ち着いて話すことができました!
実はスポーツに縁があって、私の家族はサッカー一家なんです。母は小学生の頃からずっとサッカーをしていて、高校3年生のときには県の代表としてキャプテンを務めました。社会人になってからも、ミニ国体の選手として活躍しました。また、父もサッカー専門の学校を卒業し、その後は指導していました。私自身も両親の影響で3歳からサッカーを習っているため、身体を動かすことが大好きです。おじいちゃん、おばあちゃんになっても身体を動かすのは健康的で素敵なことだと思うので、全国の方に向けてねんりんピックをどんどんPRしていきたいです。
また、今回のイベントに来てくださった皆さん、山口県伝統の「餅まき」は楽しんでいただけましたか!? 『ねんりん山口元気体操』や『恋するフォーチュンクッキー』の振り付け講座では、山口県のゆるキャラ・ちょるると、下関市のゆるキャラ・こころんに囲まれながら、皆さんと楽しい時間が過ごせました! 遠くから来てくださった方も、どうもありがとうございました。これからも応援よろしくお願いします。


 

 

AKB48 Team 8 コンセプトカー
このページの先頭へ戻る