AKB48 Team 8 supported by TOYOTA

活動日記

2014.12.12

stage

AKB48全国ツアー2014 高知公演にチーム8が出演しました!

12月11日(木)に行われた、AKB48全国ツアー「あなたがいてくれるから。〜残り27都道府県で会いましょう〜」の高知公演に、チーム8 の四国出身組、徳島県代表・濵松里緒菜(ハママツ リオナ)、香川県代表・行天優莉奈(ギョウテン ユリナ)、愛媛県代表・高岡薫(タカオカ カオル)、高知県代表・廣瀬なつき(ヒロセ ナツキ)が前座ガールズとして出演! 『檸檬の年頃』を披露し、フレッシュな歌と踊りで会場を沸かせました。また、『アイドルなんて呼ばないで』では、バックダンサーとしてもパフォーマンスに参加しました。

この日は、横山チームKにとっての全国ツアー最終日。これまでの全国ツアーとはセットリストを大幅に変更し、チームKの個性豊かなメンバーそれぞれのよさを前面に出したコンサートとなりました。また、AKB48劇場9周年特別記念公演で次期総監督に任命された横山由依さんが今後の意気込みを会場の皆さんに伝える場面も。先輩方にとって思い出深いコンサートになったのはもちろん、単独全国ツアーを控えたチーム8にとっても、いい刺激を受けた1日になったようです。


《メンバーのコメント》
廣瀬 なつき(高知県)

先輩方と同じステージに立たせていただき、自分に足りないこと、できないこと、チーム8としてこれから始まる全国ツアーに向けてやるべきことがたくさんあるとあらためて感じました。2曲出演させていただいた中で、大きな会場でもファンの方々との距離をすごく近くに感じました。先輩方のように、チーム8の全国ツアーも盛り上げられるようにしたいと思いました。貴重な経験をさせていただいたので、これからの自分自身に繋げられるように努力していきたいです。

濵松 里緒菜(徳島県)
チームKの先輩方のツアーなので、ファンの方々に受け入れていただけるか最初は不安でドキドキしていたのですが、高知県の皆さんからあたたかい応援をいただき、前座を務めさせていただいたことは最高に幸せでした! 私が今まで経験した野外イベントや、劇場公演とはまた違った雰囲気で、チームKの皆さんと客席との一体感を感じて鳥肌が経つほどでした。とにかく「Exciting!」で、今日のことは一生忘れられない思い出になりそうです。
また、チームKの先輩方の完成されたパフォーマンスは圧巻で、学ぶことがたくさんありました。少しでも先輩方に近づけるように、これからも一歩一歩努力を重ねていきたいです!

行天 優莉奈(香川県)
先輩の大切なコンサートの前座をさせていただき、とても緊張しました。また、先輩方のパフォーマンスを間近で見て、その迫力に圧倒され感動で泣きそうになりました。コンサートの興奮が今もまだ残っています。これから自分がしなければならないこともはっきりしました。そして、私たちチーム8のコンサートに向けての課題もあらためて考えさせられました。先輩方には、本当に感謝の言葉しかありません。ありがとうございました!

高岡 薫(愛媛県)
とっても楽しかったです! そして、出演させていただいたことで自分たちの足りないところを痛感しました。それを改善し、先輩方に少しでも近づけるようにがんばります。


 

 

 
AKB48 Team 8 コンセプトカー
このページの先頭へ戻る