AKB48 Team 8 supported by TOYOTA

ニュース

2018.10.31

media

〈第70回 正倉院展〉を永野芹佳、人見古都音、春本ゆきが鑑賞。その模様が11月1日(木)の読売新聞夕刊(関西版)に掲載!

1_shosoin70th_team8.jpg 2_shosoin70th_team8.jpg

奈良国立博物館で開催中の〈第70回 正倉院展〉を、AKB48チーム8 大阪府代表・永野芹佳、岡山県代表・人見古都音、徳島県代表・春本ゆきが訪問し、華やかな天平文化の宝物を鑑賞しました。

秋の奈良の風物詩ともいわれる〈正倉院展〉は、今年70回の節目を迎え、チーム8の3人は、至宝56件(うち初公開10件)の中から聖武天皇ゆかりの「平螺鈿背八角鏡(へいらでんはいのはっかくきょう)」をはじめ、「沈香木画箱(じんこうもくがのはこ)」、「玳瑁螺鈿八角箱(たいまいらでんはっかくのはこ)」、「錦紫綾紅臈纈絁間縫裳(にしきむらさきあやべにろうけちあしぎぬのまぬいのも)」などを鑑賞しました。

当日の模様は、11月1日(木)付 読売新聞夕刊(関西版)の特集「AKB48と行く 正倉院展」に掲載される予定です。皆さんも、ぜひこの機会に正倉院展に足をお運びください!
AKB48 Team 8 コンセプトカー
このページの先頭へ戻る