AKB48 Team 8 supported by TOYOTA

活動日記

2015.01.16

event

満員御礼の山梨県公演! 大盛況の会場で全国ツアー6ヵ所目の開催も発表!!

1月12日(月・祝)、山梨県のコラニー文化ホールでチーム8単独全国ツアー「TOYOTA presents AKB48チーム8 全国ツアー 〜47の素敵な街へ〜」山梨公演が開催されました。出演した北海道・東北エリア、関東エリアのメンバー16名のほとんどは、この日が初めての全国ツアーのステージ。1曲目『47の素敵な街へ』からメンバー全員が気合いの入ったパフォーマンスをする中、地元・山梨県代表の左伴彩佳(ヒダリトモ アヤカ)は、「地元魂を発揮して、爆発するぐらい盛り上がりましょう!」と挨拶するなど、地元代表メンバーならではの意気込みを感じさせました。
ステージ冒頭、東京都代表の小栗有以(オグリ ユイ)が感極まって涙した場面については、埼玉県代表の髙橋彩音(タカハシ アヤネ)は「ゆいゆい(小栗有以)が泣いたから、まるで我が子を見ているような気持ちになってもらい泣きしてしまいました」とコメント。息の合ったパフォーマンスとともに、仲のよさ、団結力の強さを窺わせました。

5曲目は、北海道代表の坂口渚沙(サカグチ ナギサ)がユニットに参加しているばら組の楽曲『今、Happy』を披露(17:00開演の部は『ヘビーローテーション』を披露)。さらに6曲目は『渚のCHERRY』を歌い踊るなど、今回のメンバーらしい楽曲のラインアップに会場のボルテージは上昇。さらに22曲目で、AKB48 6枚目のアルバム『ここがロドスだ、ここで跳べ!』Type-A収録のチーム8オリジナル楽曲第3弾『へなちょこサポート』が初披露されると、観客の皆さんから大歓声があがりました。

またMCのコーナーでは、11曲目『Seventeen』を披露した福島県代表・舞木香純(モウギ カスミ)、群馬県代表・清水麻璃亜(シミズ マリア)、埼玉県代表・髙橋彩音(タカハシ アヤネ)、神奈川県代表・小田えりな(オダ エリナ)の"17歳"メンバー4人が、「理想の告白シチュエーションは?」をお題にトークを展開。現役高校生ならではの"恋バナ"で、会場を沸かせました。

そして昼公演の最後にはサプライズが。今回は出演していない兵庫県代表・山田菜々美(ヤマダ ナナミ)の等身大パネルがステージに登場すると、本人の音声メッセージで、全国ツアー6ヵ所目の開催地が兵庫県に決定したことが発表されました。その興奮も冷めやらぬうちに、コンサートは終演へ。ここまで笑顔で盛り上げ続けた左伴彩佳も、最後の挨拶では達成感や安堵の表情とともに涙を浮かべ、観客の皆さんに感謝の気持ちを伝えていました。

次回は、2月14日(土)、鳥取県の倉吉未来中心へ。
引き続き、応援よろしくお願いします!


《出演メンバー》
坂口渚沙(北海道)/横山結衣(青森県)/谷川聖(秋田県)/佐藤七海(岩手県)/早坂つむぎ(山形県)/佐藤朱(宮城県)/舞木香純(福島県)/岡部麟 (茨城県)/本田仁美(栃木県)/清水麻璃亜(群馬県)/髙橋彩音(埼玉県)/吉川七瀬(千葉県)/小栗有以(東京都)/小田えりな(神奈川県)/佐藤栞 (新潟県)/左伴彩佳(山梨県)


《セットリスト》※ユニット曲はカッコ内に担当メンバーを表記。
Overture
[1]47の素敵な街へ
[2]チーム8推し
[3]君のことが好きだから
[4]ファースト・ラビット
[5]今、Happy(13:00開演の部) / ヘビーローテーション(17:00開演の部)
[6]渚のCHERRY(坂口渚沙/髙橋彩音/吉川七瀬/小田えりな)
[7]プラスティックの唇(舞木香純/岡部麟/佐藤栞)
[8]エンドロール(横山結衣/本田仁美)
[9]パジャマドライブ(谷川聖/佐藤七海/小栗有以)
[10]☆の向こう側(早坂つむぎ/佐藤朱/吉川七瀬/左伴彩佳)
[11]Seventeen(舞木香純/清水麻璃亜/髙橋彩音/小田えりな)
[12]AKB48メドレー
◯初日
◯走れ!ペンギン
◯彼女になれますか?
◯Only today
◯47の素敵な街へ
[13]制服が邪魔をする
[14]BINGO!
[15]僕の太陽
[16]ロマンス、イラネ
[17]RIVER
[18]大声ダイヤモンド
[19]希望的リフレイン
[20]言い訳Maybe
[21]Everyday、カチューシャ
[22]へなちょこサポート
[23]制服の羽根

アンコール
[24]野菜シスターズ
[25]日本48
[26]ひこうき雲
[27]恋する充電プリウス 〜恋するフォーチュンクッキー2〜
[28]桜の花びらたち
[29]ポニーテールとシュシュ


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
AKB48 Team 8 コンセプトカー
このページの先頭へ戻る