AKB48 Team 8 supported by TOYOTA

活動日記

2015.12.15

car_circle

クルマサークルで神奈川県庁へ! チーム8スペシャルライブを開催!!

12月5日(土)・6日(日)の2日間、神奈川県横浜市で開催された〈TOYOTA GAZOO Racing PARK in 第15回ソープボックスダービー日本グランプリ〉で、AKB48チーム8がスペシャルライブを行いました。

参加メンバーは、茨城県代表・岡部麟(オカベ リン)、栃木県代表・本田仁美(ホンダ ヒトミ)、千葉県代表・吉川七瀬(ヨシカワ ナナセ)、東京都代表・小栗有以(オグリ ユイ)、神奈川県代表・小田えりな(オダ エリナ)、長野県代表・近藤萌恵里(コンドウ モエリ)の6名。2日間、計4回のステージで、チーム8のオリジナル曲『47の素敵な街へ』や『一生の間に何人と出逢えるのだろう』はもちろん、12月9日(水)に発売されたばかりのAKB48 42nd Single『唇にBe My Baby』、そのType-Cに収録されているチーム8オリジナル曲『あまのじゃくバッタ』も披露させていただきました。

そのほか、地元・神奈川県代表の小田えりなは、各回のステージ冒頭で『BINGO!』や『So Long !』、『僕の太陽』、『夕陽を見ているか?』をソロで披露し、日本テレビ系で放送されている『AKBINGO!』の第4回AKBで1番歌が上手いのは誰だ!~ディバチャン!~」で優勝した実力を発揮しました。

12月の寒空の下、2日間に渡ってたくさんの方にお集まりいただきありがとうございました!


《メンバーのコメント》
岡部 麟(茨城県)

ステージに立ったら、あまりに大人数の人が見えて驚きました。車道を挟んだ向こうの歩道にまで観客の方がいてくださいました! 遠くのほうには、一緒に踊ってくださっている方や、私のニックネーム「りんりん」を、1文字ずつ計4つのうちわにわけて書いて掲げてくださっている方もいました(笑)
今年1年を振り返ると、印象に残っているのはフィリピンに行けたことです。海外のチーム8ファンってどのくらいいるのか現地に行かないとわからないので、実際にフィリピンで〈クールジャパン・フェスティバル〉に出演させていただいたのは、とてもいい機会でした。たくさんの方に来ていただけて、海外にもチーム8を応援してくださる方がこんなにもいてくださることに驚きました。応援のコールや盛り上がり方の違いもとても新鮮でした。そして、いつも応援してくださる方が、フィリピンにまで来てくださったことも嬉しかったです!

本田 仁美(栃木県)
関東でイベントに参加させていただくのは久しぶりで、とくに神奈川県に来るのは修学旅行以来だったので、ちょっとワクワクしました。寒い中、たくさんの方が朝から並んでくださって、チーム8を好きでいてくださるファンの方がたくさんいることを実感できて、嬉しかったです。いつもありがとうございます。
今日披露させていただいた『唇にBe My Baby』はとても好きな曲で、チーム8のみんなの中で真っ先に振りを覚えたほどです(笑)。『あまのじゃくバッタ』は今までのチーム8とは違ったタイプの楽曲で、フォーメーションが凝っているので、6人のパフォーマンスできれいに見せることができるのか不安もありましたが、本番ではかっこよく揃えることができたと思います。
私が今年1番印象に残っているのは、やっぱり5月の〈とちてれ☆アニメフェスタ2015〉と、頭部宇都宮百貨店でのトークショーです。地元ということでとても盛り上がりました。イベントが終わったあとに、チーム8のみんなといちご狩りをしたり、餃子を食べに行ったりしてとても楽しかったです。

吉川 七瀬(千葉県)
今回のイベントでは、新曲の『唇にBe My Baby』と『あまのじゃくバッタ』を披露させていただいたんですけど、まだコールとか決まっていないのでファンの皆さんが聞き入ってくださっている様子がとても嬉しかったです。
チーム8の結成2年目を迎えた今年は、去年はできなかったことができるようになったり、イベントへの参加が増えたり、チームの成長が見えてとても楽しかったです。何より、地元・千葉県で2回もイベントに出演させていただいたことは思い出に残っています。地元のイベントは、いつも以上に気持ちが引き締まるし、地元の皆さんの声援を聞くと「もっとがんばろう!」という気持ちになります。
いつも来てくださってありがとうございます。皆さんのこと、ステージからもちゃんと見えていますよ〜!

小栗 有以(東京都)
超仲良しのえりちゃん(小田えりな)の地元でイベントに参加させていただくことができて、とても嬉しかったです。
『あまのじゃくバッタ』はタイトルのとおり、バッタをイメージした振りがたくさんあるので、ぜひそこに注目して見てください。『唇にBe My Baby』は、「KISS & KISS 僕の右肩〜」っていう歌詞のとき、みんなでぎゅっと集まるところがあるんですけど、そこがすごく楽しくて好きです!
私が1年を振り返って思い出すのは、1周年記念のコンサートです。開催地が地元・東京都だったので、センターをやらせていただき、とても楽しかったです。いつも以上に盛り上がりました! また、1日警察署長を体験したことも印象深いです。
忙しい中、チーム8のライブに来てくださる皆さんの支えで、チーム8はここまで来ることができたと思います。私たちのために、全国各地からイベント会場に来てくださるのは本当に大変だと思います。いつもありがとうございます!

小田 えりな(神奈川県)
今回、私の庭(笑)ともいえる横浜でイベントに参加させていただきました。神奈川県庁は小学生のときに社会科見学で見に来たことがあるので、そこでライブをさせていただくなんて、とても不思議な気持ちでした。ファンの人がたくさん来てくださってとても嬉しかったです。横浜はすごくいいところなので、ライブを見ていただいたあとに、横浜で遊んで帰ってもらいたいなと思います。ライブも楽しかったです。ありがとうございました!
今回披露した『あまのじゃくバッタ』は振りが難しいので、みんなでたくさん練習しました。また、『唇にBe My Baby』は高橋みなみさんの卒業の曲で、私たちも高橋みなみさんみたいになれるように、という思いを込めて歌うようにしています。「LOVE SONGかもね」っていう歌詞があるんですけど、そこの振りがかわいくてすごくお気に入りです。また、今回担当させていただいたソロパートのAメロ部分を歌うのも気持ちよかったです。そのほか、計4回のステージの1曲目をすべてを私がソロで歌わせていただいたんですが、『AKBINGO!』の歌の企画で優勝してから、1人で歌わせていただく機会が増えました。
今年1年を振り返ったとき、以前にトレッサ横浜で行われた反射材のイベントが印象に残っています。私1人だけなのに、思っていたよりもたくさんの方が来てくださってとても嬉しかったです。トークショーだったのですごく緊張していましたが、皆さんがいたからがんばることができました。
ファンの皆さん、夏は暑い中、冬は寒い中で並んでライブを見てくださりすごく大変だと思いますが、私たちのために、してくださることがとても嬉しいです。これからもがんばっていくので、応援よろしくお願いします。

近藤 萌恵里(長野県)
観覧エリアに入れるのは抽選で人数も限られていたそうなんですが、観覧エリアの後ろにも左右にも溢れるほどたくさんの方が集まってくださって、すごく嬉しかったです。おだえり(小田えりな)コールが響き渡っていてテンションが上がりました。
今回、『唇にBe My Baby』と『あまのじゃくバッタ』をイベントでは初めて披露させていただいたので緊張しました。でも、皆さんが楽しんでくださっているのが伝わったので、そのおかげで私たちも安心して楽しむことができました。
今年1番印象に残っているのは、先日の〈TOYOTA GAZOO Racing PARK in SUPER FORMULA Rd.7 JAF GRAND PRIX SUZUKA〉で、エンジンスタートコールを体験させていただいたことです。エンジンが一斉にかかる瞬間の感動ってこれまで経験したことがないし、その迫力に鳥肌が立ち、一気にクルマのことが好きになりました! 貴重な体験をさせていただきました。
また、いつもチーム8のことを見守ってくださって、ありがとうございます。皆さんがこうしてイベントに来て盛り上げてくださるおかげで、またたくさんのイベントに出ることができます。私たちの曲を披露できる場所が増えるたびに、皆さんへの感謝の気持ちでいっぱいになります。だからこそ、私たちはもっともっとがんばって、チーム8をもっと大きなチームに成長させて、神奈川県であれば、横浜アリーナでコンサートができるくらいになりたいと思います。ぜひこれからも応援よろしくお願いします。


 

 

 

 

 

 

 


そのほかAKB48チーム8クルマサークル関連記事については、こちらのまとめページをご覧ください。
AKB48 Team 8 コンセプトカー
このページの先頭へ戻る