AKB48 Team 8 supported by TOYOTA

活動日記

2014.07.02

event

「舞木香純」の名前入りTシャツで応援も! 福島県の皆さん、ありがとうございました。

「舞木香純」の名前入りTシャツで応援も! 福島県の皆さん、ありがとうございました。
6月28日(土)・29日(日)に開催された〈DRIVING KIDS FES. in 福島〉のDRIVING KIDS ステージに、AKB48チーム8から福島県代表・舞木香純(モウギ カスミ)を含む16名が出演しました。

〈DRIVING KIDS FES. in 福島〉は、「もっと、クルマにワクワクとドキドキを」をテーマにしたトヨタのプロジェクト「DRIVING KIDS with TOYOTA」を実際に体感できるイベント。サーキットでの試乗体験やエコドライブ体験など、クルマ好きにはたまらないプログラムが満載で、AKB48チーム8のメンバーも、パーソナルモビリティのWinglet(ウィングレット)や、親子で楽しむコンセプトカー・Camatte(カマッテ)の試乗にチャレンジしました。とくに、自動車免許がなくても運転が可能※1な車、カマッテにはメンバーも感動した様子で、静岡県代表の横道侑里(ヨコミチ ユリ)は「インストラクターの方が優しく教えてくださったので楽しかったです。カマッテが"かまって"欲しそうにしていました(笑)」と、楽しそうにコメントしていました。

またステージでは、歌とダンスを披露した他、メンバーの特技にスポットライトを当てた企画「噂の真相」コーナーも。富山県代表の橋本陽菜(ハシモト ハルナ)のルービックキューブや、岩手県代表の佐藤七海(サトウ ナナミ)による先輩メンバーのモノマネ、また、福井県代表の長久玲奈(チョウ クレナ)がギターで『GIVE ME FIVE!』を演奏するなど、それぞれが特技を披露しました。

今回もたくさんの方に足を運んでいただき、本当にありがとうございました。「舞木香純」と書かれたTシャツで応援に来てくださった地元福島のファンの方々もいらっしゃいました。また、会場に設置していたメッセージボードには、たくさんの応援の言葉をいただきました。ボードを埋め尽くすメッセージを見て、チーム8のメンバーは皆さんの応援に支えられていることを改めて実感したようでした。

来週、7月5日(土)・6日(日)は沖縄へ。
沖縄の厳しい暑さにも負けない、AKB48チーム8の熱いパフォーマンスをぜひ観に来てください。


※1自動車免許非保有者はカート場など、公道意外の場所を想定。また、本イベントは補助者によるサポート付きで運転を行いました。


《メンバーのコメント》
舞木 香純(福島県)
今回のイベントでとてもかっこいいサーキットカーを見て、秋田県代表の谷川聖ちゃんと、「将来はあのサーキットカーを買いたいね」って話しました(笑)。早く免許を取って、自分の運転でメンバーと一緒にドライブしてみたいです。
ライブステージでは、会場の皆さんが温かく見守ってくださって、福島県は優しい人が多くていいところだなと、改めて思いました。応援ありがとうございました。

坂口 渚沙(北海道)
普段体験できないことがたくさんできて、とても楽しかったです! カマッテに乗ったときに、指導してくださった方からハンドルの使い方を何度も注意されたのもいい思い出です(笑)。

横山 結衣(青森県)
実は私、乗り物に酔いやすい体質なのですが......ウィングレットは楽しかったです! 始めは難しかった操作も少しずつ慣れて、メンバーとタイムアタックで競ったときには、一番早いタイムが出せて嬉しかったです。

谷川 聖(秋田県)
ウィングレットの体験がとても印象に残っています。私には難しくて、あまりいいタイムが出せませんでしたけど、みんなは速かったですね!
これからも色々な地方へ行きたいと思っていますので、応援よろしくお願いします。

佐藤 七海(岩手県)
福島県へは修学旅行で会津若松市に来たとき以来です。そのときは、赤べこをつくりました! 今回は車のイベントということで、色々な車の展示や体験ができて楽しかったです。

早坂 つむぎ(山形県)
福島は、ホテルでのご飯がすごくおいしかったのが印象的(笑)。いい所ですね。またイベントでは、福島の皆さんだけでなく東京から来てくださった方々もいらっしゃったと聞いて驚きました。こうして皆さんが応援してくださるおかげで、私たちが活動できているのだとあらためて実感しています。これからも応援よろしくお願いします。
AKB48 Team 8 コンセプトカー
このページの先頭へ戻る