AKB48 Team 8 supported by TOYOTA

活動日記

2015.06.30

store

舞木香純が「福島トヨタいわき小名浜店の50周年記念イベント」にお邪魔しました。

6月27日(土)・28日(日)の2日間に渡って開催された〈福島トヨタ いわき小名浜店 50周年大感謝祭〉の2日目に、AKB48チーム8 福島県代表・舞木香純(モウギ カスミ)がお邪魔しました。

少しどんよりとした天候にも関わらず、会場はお子さま連れのお客さまなど多くの方で賑わい、午前からすでに大盛り上がり。ご来場者には、ポップコーンや玉こんにゃくなどが福島トヨタ社員の皆さまのご協力によって無料でふるまわれたほか、金魚すくい大会や特設された遊技場でお楽しみいただきました。

そして午後には、司会の方の掛け声とともに、「かすみーん!」コールで舞木香純が華麗に登場! まずは、20名のお客さまと共にドライフラワーのリースをつくりました。初めての体験に最初は戸惑いながらも、ドライフラワーの先生やお客さまに教えていただきながら完成させたのは、水色のかわいらしいリボンを結んだリース。最後に「お母さんにプレゼントして部屋に飾ってもらおうと思います!」と明るい笑顔でコメントしました。
金魚すくい大会では5名のお客さまと対戦し、結果は3勝2敗。ポイの紙が何度破けてもあきらめないお子さまたちに舞木香純はたじたじの様子でした。
販売店内入口には白色のプリウスが置かれ、車体に自由に絵やメッセージが書けるようになっており、「おおきくなったらくるまやさんになりたいです」と夢を書いた微笑ましいメッセージも! ボンネットには舞木香純がサインを入れて、世界に1つだけのプリウスが誕生しました!

後半のトークショーでは、お客さまからおすすめのドライブコースとして紹介された小名浜の海について、「お母さんと一緒に、おにぎりを持参して海に行ったことがあります!」と思い出を懐かしむ場面も。4月に18歳になったばかりということもあり、クルマに関して興味津々な様子も見せました。また、6月7日(日)に行われた〈AKB48 41stシングル 選抜総選挙〉については、「チーム8はまだ80位に入れていないので、次回はランクインできることを目標にします!」と高らかに宣言。地元・福島県のイベントとあって、本人の友人も見に来てくれたようで、「普段とは違う私が見られている気がしますね(笑)」と、少し照れながら答える姿も。加えて、「福島には山も海もあるけど、何よりも福島県民がみんなあったかいです!」と郷土愛を感じるメッセージを送りました。

そして最後は恒例のジャンケン大会。「最初はエイト―ッ! じゃんけんぽーん!」の合図と共に8回も勝負を続けたのち、勝ち残った3人のお客さまには、本人直筆のサイン入りTシャツをプレゼントさせていただきました。イベント終了後は、お客さまから「もっと見たい!」という嬉しいお声をいただきながらの退場となりました。

福島トヨタ いわき小名浜店では、舞木香純のサインが書かれたプリウスが、一週間ほどの間展示されます。ぜひご来場ください!


《舞木香純のコメント》
〈福島トヨタ いわき小名浜店 50周年大感謝祭〉に参加させていただきました。
トヨタさんのイベントに1人で参加するのは初めてだったので、とても緊張していました。けれど、地元の方がたくさん来てくださり、一緒にフラワーリースをつくったり、金魚すくいやじゃんけん大会をしたりして触れ合うことができて、いつの間にか緊張がほぐれていました。 ファンの皆さんも来てくださりありがとうございました!
クルマのよさをさらに感じることができ、私も早く免許を取りたいなと思いました!
最後に小さい女の子がお手紙をくれました! とても嬉しかったです!!
福島県はやっぱりいい所だと実感しました。もっと全国に福島県を発信していきたいです! 福島県代表として、福島トヨタさんと福島県をジャンジャンアピールしていきます!
あらためて、いわき小名浜店50周年おめでとうございます!



真剣に台本をチェック


トークショーの様子


ドライフラワーづくりに挑戦


ドライフラワー完成


休憩中にポップコーンをいただきました


金魚すくいに挑戦


プリウスにサインを書かせていただきました


トークショーの様子①


トークショーの様子②
AKB48 Team 8 コンセプトカー
このページの先頭へ戻る