AKB48 Team 8 supported by TOYOTA

活動日記

2015.10.07

event

じゃんけん大会も大盛り上がりの長野県公演! サプライズに近藤萌恵里が号泣

9月23日(水)、長野県松本市のキッセイ文化ホールで「TOYOTA presents AKB48チーム8 全国ツアー 〜47の素敵な街へ〜」長野県公演が開催されました。今回は、昼公演・夜公演の各回前に〈第1回チーム8じゃんけん大会〉を併催。〈第6回AKB48グループ ソロシングル争奪じゃんけん大会in横浜アリーナ ~こんなところで、運なんか使っちゃうのかと思うかもしれないが、とりあえず、勝たなきゃしょうがないだろ?~〉本番時と同じ衣装を着たお手伝いメンバーの鳥取県代表・中野郁海(ナカノ イクミ)が登場し、観客の皆さんとじゃんけん対決。勝ち残った3名の方は、コンサートの最後にステージ上で行われるメンバーの集合写真に参加できることから、白熱した戦いが繰り広げられました。

前座は地元・長野県代表の近藤萌恵里(コンドウ モエリ)、千葉県代表・吉川七瀬(ヨシカワ ナナセ)、富山県代表・橋本陽菜(ハシモト ハルナ)、中野郁海がじゃんけんにまつわる寸劇を披露。また、秋田県代表・谷川聖(タニカワ ヒジリ)、吉川七瀬、近藤萌恵里、そして広島県代表・谷優里(タニ ユウリ)が、渡り廊下走り隊の『初恋ダッシュ』で会場を盛り上げました。

本編では、『純情主義』『そばかすのキス』『キスして損しちゃった』など"キス"がテーマのユニット曲や、『Everyday カチューシャ』と『制服の羽根』のWinglet(ウィングレット)を使ったパフォーマンスなどで観客の皆さんを魅了。MCは、昼公演で石川県代表・北玲名(キタ レイナ)が新キャッチフレーズを発表するも、観客の皆さんの意向を反映してこれまで通り「いつかはあなたのシンデレラ」を使うことに決定。夜公演で谷優里が"広島カープ女子"トークとマエケン体操を披露しました。「コンサート中 撮影OK」のコーナーは、前回の宮崎公演と同じく『挨拶から始めよう』と『へなちょこサポート』の2曲で実施。メンバーがステージ上から撮影した写真は、後日あらためて公開します。

そのほか、チャレンジコーナーでは、谷川聖、埼玉県代表・髙橋彩音(タカハシ アヤネ)、愛知県代表・藤村菜月(フジムラ ナツキ)、静岡県代表・横道侑里(ヨコミチ ユリ)、橋本陽菜が、「1分間に何枚の付箋紙を顔に貼れるか」というギネス記録に挑戦。昼公演は藤村菜月、夜公演は橋本陽菜の顔が付箋紙でいっぱいになりました。

夜公演の最後には、近藤萌恵里に母親からの手紙というサプライズが。北玲名の代読に近藤萌恵里は号泣するも、最後まで全力で歌い踊り、地元の声援に応えました。


《出演メンバー》 谷川聖(秋田県)/髙橋彩音(埼玉県)/吉川七瀬(千葉県)/小栗有以(東京都)/小田えりな(神奈川県)/藤村菜月(愛知県)/横道侑里(静岡県)/服部有菜(岐阜県)/山本亜依(三重県)/橋本陽菜(富山県)/北玲名(石川県)/長久玲奈(福井県)/近藤萌恵里(長野県)/人見古都音(岡山県)/谷優里(広島県)/濵松里緒菜(徳島県)
※中野郁海(鳥取県)がお手伝いメンバーとして一部出演。


《セットリスト》※全員参加楽曲以外はカッコ内に担当メンバーを表記。
Overture
[1]孤独なランナー
[2]47の素敵な街へ
[3]チーム8推し
[4]君のことが好きだから
※夜公演では『ヘビーローテーション』が追加
[5]純情主義(小栗有以/横道侑里/谷優里)
[6]そばかすのキス(谷川聖/吉川七瀬/服部有菜/橋本陽菜)
[7]キスして損しちゃった(髙橋彩音/藤村菜月/濵松里緒菜)
[8]キスはだめよ(小田えりな/長久玲奈/人見古都音)
[9]抱きしめられたら(山本亜依/北玲名/近藤萌恵里)
[10]汚れている真実(谷川聖/吉川七瀬/小栗有以/小田えりな/横道侑里/近藤萌恵里/人見古都音/谷優里/濵松里緒菜)
[11]今、Happy
[12]Birth
[13]挨拶から始めよう
[14]へなちょこサポート
[15]大声ダイヤモンド
[16]希望的リフレイン
[17]Everyday、カチューシャ
[18]言い訳Maybe
[19]ポニーテールとシュシュ
[20]ハロウィン・ナイト
[21]制服の羽根

アンコール
[22]やさしくするよりキスをして(近藤萌恵里)
[23]RUN RUN RUN
[24]ひこうき雲
[25]恋する充電プリウス 〜恋するフォーチュンクッキー2〜
[26]昼公演:47の素敵な街へ(ギター:長久玲奈)/夜公演:チャンスの順番(ギター:長久玲奈)


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
AKB48 Team 8 コンセプトカー
このページの先頭へ戻る